キーワード検索:
【湖東焼】
【湖東焼】

■概要
  1829年〜1895年のわずか70年弱の間、彦根で焼かれた磁器(じき)。彦根城下の古着商・絹屋半兵衛が芹川(せりがわ)左岸の晒山(さらしやま)で窯(かま)を開き、翌年には佐和山(さわやま)に移し、一級品を完成させた。13年後には彦根藩直属の窯として召し上げられるが、、有田、瀬戸焼以上の芸術品となった。
■インフォメーション
■詳細
  1829年〜1895年のわずか70年弱の間、彦根で焼かれた磁器(じき)。幸田真音(こうだまいん)著『あきんど絹屋半兵衛』という歴史経済小説で話題になっている。彦根城下の古着商・絹屋半兵衛が芹川(せりがわ)左岸の晒山(さらしやま)で窯(かま)を開き、翌年には佐和山(さわやま)に移し、一級品を完成させた。13年後には彦根藩直属の窯として召し上げられるが、、有田、瀬戸焼以上の芸術品となった。しかし、井伊直弼桜田門外の変で倒れたことによって閉鎖。その後喜平という職人が引き継ぐが、彼の死と共に幕を閉じる。更なる詳細→材料技法職人・歴 史 (作品を見たい方は職人ページへ)
■デジタルアーカイブ
染め付け皿
染め付け皿
©2006 彦根ユビキタス産業協議会