キーワード検索:
【筆】
【筆】

■インフォメーション
■詳細
  筆は普通染付ならば狸の毛を使うが、赤絵はイタチの毛を用いている。現在再興を行っている一志郎窯でもこの2種類を使用している。狸の毛は腰が強いが赤絵の紅殻(べんがら)の乗りが悪いとのこと。その違いは体験してみないとわかりませんね。小説では絵付け師幸齋が「赤絵はイタチなんやそうです。毛の腰が強いほうが向くのやそうで、鼠もええと言うてはった」とある。ただ、「彦根の鼠はあかん」とも書かれている。何故でしょうか?
©2006 彦根ユビキタス産業協議会