キーワード検索:
【井伊家】
【井伊家】

■インフォメーション
■詳細
  徳川家光の時代に、幕府は大名家の系譜編纂を行った。井伊家の内容を見てみると、藤原鎌足から始まり、井伊氏元祖の共保(ともやす)については遠江国井伊谷(いいのや)八幡宮の井戸の側に捨てられていたとする捨子伝承がある。その後の歴代当主や一族・庶流の系図のあと、初代藩主直政の記述になる。直政の事績は、2歳の時に父直親(なおちか)が殺されて以来かくまわれて成長した幼少時代、15歳の時鷹狩に出かけた家康と対面して家臣となったエピソード、さらに徳川四天王としての活躍が順次書き上げられている。
©2006 彦根ユビキタス産業協議会